障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

外国人助っ人の是非

更新しました。

外国人助っ人選手がどんどん契約を切られている。

外国人選手がいると不味いことがあるかと言えばそうだ。

仮にマシソンが代表になったら、日本選手の情報は筒抜けである。

 日本人が頼りないわけではない今、オリンピックも近くなり、各球団が日本を知る選手を減らすのは理だ。

残すのは、オリンピックに選ばれそうにない選手ばかりが理想である。

日本を知る外国人選手を敵代表に増やすのは得策ではない。

かといって、全然いないのも盛り上がらない。

増強すべきは、外国人の血が混ざった日本人であることは、ラグビーでも証明されたことだ。

この数ヵ月で、「敵代表にわたる情報は古い」と思わせる球団に一新しなければならない。

すぐ側に外国人選手を置くことで、弱点を知るメリットはあるけれども、日本代表にとって、日本を知っている人ほど厄介な選手はいないのだ。

双方、一つの敵代表だけを手強いとみなしているわけではなく、様々な代表のデータを得ねばなるまい。

外国人助っ人、それは、日本代表を脅かす可能性がある未曾有の驚異だ。

日本代表のデータを知られても問題ない選手を獲得してほしい。

球団の利益を優先すると、とんでもない事態になってしまう。