障害者手帳所持者の日記

数分で読めるブログです。読者登録、コメント、いいね、ブックマーク自由。障害者手帳を所持しています。

「◯◯を代表して謝罪します」の弊害

更新しました。

何が

「◯◯を代表して謝罪します」

だ。

おい、勝手に代表になるな。

確かに君はそのカテゴリに該当するかもしれない。

だが、私を含め世界中の皆様は、君を代表に選んだつもりはまったくない。

「謝罪する俺は偉い」とでも言いたげな。

謝罪するのは、「自分の案件」だけにしておけ。

いいか、君を謝罪代表に選ぶことは金輪際ない。

君は自分の失態だけを謝罪していればいいんだ。

ネタでやってるなら、それはそれで軽い。

私は、誰かの代表にもならないし、誰かの代わりに謝罪する気はない。

謝罪から話題に入ってこようとするな。

毎回、謝罪代表がいるのはなぜだ。

「彼に代わって謝罪します」だと。

誰も君の謝罪に期待してはいないし、要求してもいない。

当事者同士が謝罪するべきだ