障害者手帳所持者の日記

とあるキーワードで検索順位2位となり、Google 解析の表示回数が20万を越えた我自慢のブログ。このブログこそ、私が出せる明らかな実績です。読者の応援でまた2位になるかもしれません。ぜひ!読者になってください。

スポーツ全般が苦手だった

更新しました。

スポーツ全般が苦手だった。

中でもソフトボールは一番から二番目に苦手だ。

特に下投げをするとボールが他のところに落ちていた。

授業は、野球は少なくソフトボールが多いという有り様だった。スポーツが苦手だと永久に自覚するために野球ボールを一つ買うことにした。

プレイする意思はあったのだ。

それでも、運動神経が悪いというよりは、病や発作や怪我を気にしてプレイできなかった。

外野を守備したこともあるが、流石にいきなり外野をしろとは無理な話なようで、ボールをとれない状況が続いた。

教師はわかっていた。キャッチボールがうまいのにボールをとれないわけがないと。

だがわかっているなら二、三日続けさせれば良かったのだ。

だってサッカーはフル出場させられていたのだから、野球も機会を与えてやれば良かった。

そんな衝動でスポーツ自身を制限してきた。障害者スポーツに入れば間違いなく即戦力。

でも障害者スポーツでも怪我はするだろう。執筆する腕を怪我させるわけにはいかなかった。

生涯打ったヒットが三塁へのヒットなんて誰も信用してくれない。

障害者はクラスには一人だけ、学年には私も含めて三人という状態だった。

野球経験は全て代打、他の人から私に交代される。

スポーツ漫画は好きだ。クロスゲームもメジャーも全巻購入している。

ピッチャーはダメだ。そんな体力は最初からない。キャッチャーにボールは届くがサインを暗記できない。

スポーツ制限の反動からか自分にできるスポーツはないかとあらゆるスポーツのルールを学習した。

やれるスポーツは、サッカーかバスケに絞られた。

障害者スポーツに興味があるが、車椅子というわけではないので、それ以外の障害者スポーツとなる。