障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

数度目の手術

更新しました。

「水をくれ」

それが、手術から目覚めた私の第一声だった。

《心臓病の数度目の手術で簡単に助かったのは、前回の手術痕が残っていたからだ》

という皮肉な結果である。

私は自らの無事を確認した。

「9月11日」という非常にあれな日に、私は手術後の
控え室で目覚めた。

周りは見たことのない器具だらけ。

手術で使う予定のものか、もう使ったかもしれない。

目覚めは早い方らしい。

次第にはっきりした意識の中で私は思った。

「助かってしまったか」

神様と議論してくると言った割にはたいした議論はしなかった。

第一、当時はこの世にいても楽しいことは何一つなく、死ぬ口実を失ったことは、私にとっての痛恨のミスだ。

生き残ったからには、私にできることをしよう。そう思っていた。