障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

おすすめ記事とF氏

更新しました。

F氏が毎回おすすめ記事に出てくるようになった。
F氏のブログは面白いのだが、おすすめ記事に毎回載るのは、ある意味、"枠を埋めている"のと同等である。

「F氏は、はてなブログの有名人だから仕方ない」

そう。F氏は、はてなブログランキングに毎回現れる有名人なのだ。おすすめ記事として紹介しても、決して間違い、場違いではない。
F氏のブックマークには、いっぱいコメントがあるし、いいねもいっぱいある。

別に嫉妬しているわけじゃない。単純に彼を掲載するのは、「枠が一つ分少なくなる」ということだ。
"枠が一つ分増えるだけで他のブロガーが紹介されやすくなる"というのに、枠が一つ分F氏で埋まっている。

F氏が二回同時に記事を更新したらどうなるのだろうと思ってしまう。

はてなブログの手本は、間違いなくF氏だ。F氏を越えるには、読者数12000以上になるしかない。

この差は地獄だ。アクセス数も記事の数もいいね数も圧倒的にF氏が勝っている。越えるべき理想の壁を見せつけられているようだ。

その上、彼のブログの文は

「ただの日記です」

冗談じゃない。

そんなF氏でも、"読者数10万は越えることができない"のである。絶望。

このブログをおすすめ記事に載せてほしいってわけではない。
枠が誰かので一つ埋まるのは、掲載ロマンを減退させることにつながるのだ。

あのブログは、確かにおすすめ記事に値する記事ばかりだ。あのブログを越えようとしても時間がかかる。
せめて、おすすめ記事がもっと能動的に切り替わり表示されるようになれば、確率は上がるかもしれない。
もしくは、「殿堂入り」カテゴリーを作って著名人と人気ブログをそこに突っ込むかだ。

はてなブログを読まれるには、【おすすめ記事】【こんなブログもあります】【購読中のブログ】【はてなブログ週間ランキング】【ブログランキング】【はてなブックマーク】が有力だろう。

現時点では、はてなブログを使っていない、あるいは、はてなサービスを使っていないユーザーのアクセス数の方が多い。

毎回出てくるのでバグか何かかと疑ったりしたが、一切バグではない。とすると、これからも毎回【同じブログ】が、表示される可能性がある。

勝てないブログ(理想の壁)を、毎回見る羽目になるこのシステムは嫌いである。

せめて毎回違うブログを表示してほしい。購読中になったらおすすめ記事から消えるとか工夫があって然るべきだ。

はてなブログには、まだ見ていないブログが沢山ある。おすすめ記事はそれらを表示してくれる大切な場なのだということを改めて実感した。