障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

持続的な妄想ができない

更新しました。

一年前から、軽度の妄想しかできない。
持続的な妄想はできなくて当前かもしれない。
医者に「妄想ができない」と言ったら「はあ!?」と言われるはずだし、極めて希な事例である。

「そんなことは不可能だ」
「現実にはありえないことだ」
「起きるわけないの、わかる?」

で、妄想が止まってしまう。

私が現実主義に鞍替えしたのか。それとも今までの妄想が酷すぎたのか。

「妄想ができない」ことは「普通」かもしれない。逆に長すぎる妄想は【危険だ】ということはわかる。何が言いたいかというと、《小説を書けない》。小説を書けない言い訳のように聞こえるが、事実はそう。辛うじて俳句や短歌や詩は浮かぶが、長文はとてつもなく酷い事態。

なぜ、こんなにも妄想ができなくなったのか?その他の精神病ではないことは確か。その他の精神病の「妄想型」とは違う。妄想をしていないのだから。

何か別の、もっと単純な考え方でエラーが起きている。

「そんなことは発生しない」からの妄想ストップは避けたいのだが、主にストーリー型の妄想で発生しているため、《ブログなどの記事は普通に書ける。》

検索してみてもそれらしい症例は現れない。

普通、精神病と言ったら、「妄想が酷くなる」とかそんなものを想定していた。

まさか、

【妄想がストップする】

とは誰が想定していたか。

妄想が無くなったわけではなく、途中でストップするのだ。
だから、【ゲームのキャラクターを戦わせる】と言った基本的な妄想ができない。

【妄想ストップ型】と呼ぼうか。これらを改善するためには、「そんなことが起きるかもしれない」に思考を変えなきゃ駄目なわけで、それをわかっているのに、脳ミソは【妄想ストップ型】をやってしまう。

「妄想が止まったことはないですか」と聞いてみても、希な事例であることは自覚している。

希な事例でなかったら、具体例が欲しい。

妄想ができないからって生活が困るわけではないが、それでも退屈さから逃れたい。

例えば

大統領は夜は怪盗で昼はヒーローをしている

そんなことは起こらない。

な問いを繰り返している。

緊急事態で、妄想や考察と言ったものができないとかなり困るから、何かしらの策を考えている。