障害者手帳所持者の日記

とあるキーワードで検索順位2位となり、Google 解析の表示回数が20万を越えた我自慢のブログ。このブログこそ、私が出せる明らかな実績です。読者の応援でまた2位になるかもしれません。ぜひ!読者になってください。

Twitter有名人担当記者に言う~有名人のツイートを紹介することの是非~

更新しました。

有名人や一般人のSNSでの発言を「持論」とか「私見」と表記して記事にしようとか、記者って楽な商売ですね。
最近のニュースで多すぎて新人記者増加かと疑いましたよ。
これをベテラン記者がやっていたらさぞ驚くでしょう。「高須が言っていた」とか「ホリエモンかTwitterで」とかアホかと。
ええ、私も過去に四回程度書いたよ。これからも書くよ、記者でもないしね。でもさ。Twitterで持論述べたら大々的に記事にされるとか普通にどうなの。

確かに高須先生もどの有名人も許してくれるよ。情報源がTwitterしかないときがあるよ。松本さんがTwitterで言ったならそうでしょう。
でもそれは言った本人が記事にするべきで、他の人の給料になるのはおかしい話だ。
掲載するメディアもメディアだよ。炎上案件なら記事にして良いけど、普通の意見まで面白おかしく書くのはおかしい。
Twitterを流してくれって有名人もいるし、それで妥協する有名人もいる。
問題はそんな記事なら私でも書けるってことだ。だって私、有名人のツイートの最初にリツイートする遊びが好きだもの。私のTwitterだけど、他のメディアより先に私が報じたときは嬉しかった。皆さん、驚いてくれるしなんか凄く嬉しい。
ともかく、そんな記事を書くのならば、私の方が早い。掲載しないのは、有名人の利益を減らしてはならないからだ。ヤフーコメントやはてなブックマークでは有名人に同調しないコメントもあるでしょう。
有名人の許可なく全てのツイートを掲載するなんてのは、プライド的にありえない。
いま人気なのは「長州力さんが言った」「松本さんが言った」だ。
有名人がTwitterに現れると必ず、「Twitter記者」が動き出す。担当でもあるのかね、「この有名人のTwitter担当」みたいな。
例えばイチローさんの記者も相当な苦労があるでしょう。芸能人記者ってそんな苦労が必要なの。
Twitterアカウントを毎日見て、有名人が政治ツイートをしていたら、有名人の持論として記事に載せる。
そんなのサボりだよサボり。本当に有名人が好きなら歪んだ解釈は載せないし、本当に新人記者が増加したのかと疑うよ。
どうしても似た記事になってしまうし、我先にと記事にする光景はどう考えてもおかしい。
各メディアに「松本人志Twitter担当」でもいるのか?有名人はTwitterで貴重な発言をするし、すぐに掲載したい気持ちもわかる。でもそれは新人記者がやることでベテラン記者がやることじゃない。
「Twitterで有名人が呟きました」という報告は大事だ。止めろとは言わない。だがなんかむかつく。お前の記事はヤフーニュースに載って私のニュースは同じことを書いてもヤフーニュースに載らないことに。