障害者手帳所持者の日記

数分で読めるブログです。読者登録、コメント、いいね、ブックマーク自由。障害者手帳を所持しています。

堀江貴文氏の #東京改造計画 について

更新しました。

堀江貴文氏が【#東京改造計画】なる本を出すという。ここに至って出馬の可能性が出てきたのだ。選挙法に違反するかもしれないから、応援するなどと軽々しく言えぬが、都民の選択肢が増えるのはいいことだ。都知事選では、都民の選択肢が増えた方が良い。私に都知事選で何かする権利はないが、都民には権利がある。

特に【第四章 都政】 は、他の都道府県にも関わることだと思う。

例え、ホリエモンが出馬しなくとも、彼の著書の意思を受け継いだ者が出馬する可能性だってある。

ホリエモンが都知事選に向けて提言をしたということは心に留めた方が良い。

私は都民ではない。しかし、ここ最近の東京都の事情は逼迫していることには気づく。

ホリエモンが都知事選に出ようが出まいが、都に何ら候補を立てられない政党は都民に嫌われる。

小池百合子で一本化するか、他の候補に全てを賭けるか、都知事には各政党の公約に沿った社会的な施策が求められる。

そんな中で、各政党に寄らず自分で公約を作れる者は強い。
ホリエモンが過去にどんな悪事をしようが、立候補する権利はちゃんとある。
あるのだが、本来の彼であれば、自分の公約に沿った他の代役を立てるはずだ。
彼自身が出れば新たな選択肢になる。
選挙法に違反する可能性があるから気軽に書けないが、【彼が自分自身ででるのは、東京都が相当ヤバいとき】だと思う。

ホリエモンは、東京都についてついに提言をだした。
【堀江貴文氏が出馬する可能性がある】というのは、Twitterトレンドを駆け巡った。
これを契機に小池百合子側も何かの対策を立てるだろう。
ホリエモンを小池百合子が放っておくはずがない。
「堀江都知事」などと、なってもいない段階で呼ぶのは、選挙法に関わってくるので言わないが、ホリエモンには選挙に出る資格がある。

ホリエモンのみならず、【一本化】で終わる可能性は避けたい。
自民党が小池百合子寄りなのは知っている。
その他の党派は、【ホリエモンの提言を受け入れるか】が重要なる。
【ホリエモンが出馬する可能性がある】というのは、ネット上で議論になっている。
ホリエモン自身都知事選についてツイートしていない。彼は自分の書物をツイートするだけだ。

現時点では、小池百合子の策はわからない。とはいえ、何かしらの策を練る可能性はある。

ホリエモンの提言を全て受け入れる政党がいるのか。各政党は出馬に消極的だ。私は何ら権利がない。私にできることは、こうして書物をお知らせすることだ

都知事選は都民が決めるもの。東京都の未来を都民に託す。