障害者手帳所持者の日記

とあるキーワードで検索順位2位となり、Google 解析の表示回数が20万を越えた我自慢のブログ。このブログこそ、私が出せる明らかな実績です。読者の応援でまた2位になるかもしれません。ぜひ!読者になってください。

本能寺の変 明智光秀は市中の織田家臣を討とうとしたか

更新しました。

明智光秀は、市中の織田家臣を討とうとしたのか。
織田家臣が織田信忠に合流したのは《結果論》である。
本能寺の変で織田信忠にも織田信長にも合流せずに京の都に宿をとっている家臣がいた。
彼は本能寺や二条御所には駆けつけなかった。
つまり、明智光秀は、織田家臣全てを討とうとしたわけではなかった。
明智光秀の狙いは、信忠、信長に合流した家臣だけだ。
家臣が織田に合流すれば、後々手間が省ける。
菅屋長頼は、本能寺に駆けつけたが包囲網が厳しく撤退、湯浅直宗は本能寺で討ち死にすることが可能だった。菅屋と湯浅の間に時間的な差があったのだろう。
湯浅直宗のときはまだ包囲網が浅く、菅屋長頼が気づいた時には、本能寺に駆けつけることができる時間はとっくに終わっていた。
菅屋長頼、湯浅直宗が合流したのは結果論であり、彼らを光秀が討とうとしたかは定かではない。とある織田家臣ように全力スルーしても討たれないのだから、《他の織田家臣の宿泊までは把握していなかった》と見る方が正しい。
《明智光秀は、織田家臣を討つつもりはなかった。》
菅屋長頼、湯浅直宗は討たずに森蘭丸や織田信長だけに恨みがあったのではないか。
市中に宿をとっていた織田家臣は捜索すらもされない。後々明智が利用できることもあろう。明智光秀の誤算は市中にいる織田家臣の存在だった。
明智光秀は本能寺強襲に神経の全てを使った。市中にいる織田家臣は後で捕まえればよい。
織田信長の宿泊先だけを知っていた。菅屋長頼、湯浅直宗を捕らえていれば歴史は変わったはずだ。
彼らが市中から駆けつける時間を明智光秀は許した。
明智光秀の本能寺包囲網は、外から見ればすでに突破できる状況ではなく、織田信忠も危険である。
となれば、家臣は織田信忠の方に合流する。
だが合流しない家臣もいて彼は助かっている。
明智光秀が他の家臣の宿泊先を知っていれば、私が明智光秀なら手回しをして捕縛するはずだ。
それができなかったということは、《明智光秀の宿泊先リストは本能寺と信忠周辺に限られていた》と考える。
市中の織田家臣を把握していれば、私が明智光秀ならば手回しをして、織田家臣を捕縛し、本能寺や二条に合流させない戦略をとるだろう。
それについては明智光秀の失敗であり、信長の宿泊先だけを調べていたのは不幸だった。
明智光秀は、市中の織田家臣を捕縛するつもりはなく、
本能寺向かいの自邸にいた村井貞勝をスルーしたのだから、明智光秀は本能寺で信長を討っても、《合流しない家臣を討つつもりはなかった》ことがわかる。
合流しない家臣は討たず後々利用する。その方が簡単ではある。明智光秀が本能寺の変で市中の家臣を討とうとしたか。本能寺の変で市中の家臣が合流できなかったらどうなっていたのか。