障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

三浦春馬、あれから1ヶ月が過ぎたが

更新しました。

1ヶ月前の2020年7月18日, 三浦春馬さんが死去した。
それまでの私のブログといえば、平均X00PVの普通のブログだった。
ある日、三浦春馬さんの記事を投稿してから、「その記事だけで」アクセス数16000を叩き出した。ようは、三浦春馬さん関連の記事が、ランキング上位3位にランクインした。
私は自分のブログの可能性にびっくりした。
今までアクセスしなかった人々が続々アクセスを試みる。
おかげで、16000のアクセス数となり、初めてGoogle砲の直撃を食らった。
今では月PV一万も夢ではない。ブログとは変わるものだ。
三浦春馬の記事だけでなく、それまで読まれなかった志村けんさんや木村花さんの記事も読んでくれるようになった。
三浦春馬さんが死去した日付が、このブログのターニングポイントとなってしまった。
ブログに死去というカテゴリーを作ったのは、ほんの偶然である。
私の感覚でいうと1ヶ月に一人二人の大物が亡くなる。三浦春馬さんの死去は、その1ヶ月に一人二人の枠で押さえたくない何かがあった。
三浦春馬さんの死去は残念である。けっして後追いはしないでほしい。最近、三浦春馬さんの出演番組を見る機会がないのでチャンスがあったら見ようと思う。
メディアが三浦春馬さんについて記事にすることを試みるのはよいことだ。
三浦春馬の件を風化させないこと、三浦春馬さんの気持ちは我々にはわからないが、三浦春馬を止める方法を考えるためには、気持ちの推測はしなければいけないことだ。
警察がまったくと言っていいほど情報を出さないので、我々は、今ある情報で推測するしかない。
三浦春馬の次に芸能界から犠牲者を出さない。それが我々にある使命では。
第二第三の三浦春馬を出さないために、我々が芸能界にできること、自殺防止のためのステップを。