障害者手帳所持者の日記

長崎の30代男性。障害者手帳を所持しています。Excelの資格あり。実績はAmazon販売から、ホームページ作成やブログ更新など。プログラミング勉強中。CMSはワードプレスなど。お客様にワードやエクセルを教えていました。いいね、読者登録、コメント、ブックマーク自由。

なぜ市町村は災害時に老人を確保しないのか

更新しました。

市町村に負担を強いるのは本望ではない。しかしだ、市町村の中には諸事情で災害時に避難できぬ高齢者もいると聞く。車で移動できない「爺婆」に向かって、呼び掛けるだけというのはおかしい話だ。先に避難所に行きたくてもいけない老人が可哀想だと思わないのか。県や市町村がそういった老人を発見して対処してくれれば問題ない。もしもに備えて逃げ切れる老人もいれば、そうでない老人もいる。若者の中にも逃げたくても逃げれない若者だっているはずだ。そう言った老人を市町村に登録して市町村の役員が声かけする、それくらいは低予算でできるはずだ。そのシステムが今はない。不甲斐ない話だ。市町村がもっと避難ができるシステムを開発していれば、避難所まで移動できる老人が増えるだろう。諸事情でタクシーを使えない老人に向かって、「呼び掛けるだけ」というのはつらい。