障害者手帳所持者の日記

障害者手帳所持者の日記です。

ノーベル文学賞 作家と読者と運動不足

更新しました。

今週のお題「運動不足」

運動不足で、ストレッチの本を読んでいる。

私は読み放題に登録しており、その中にストレッチ本が6冊あった。

私が運動不足なのは、本を読んでいるからである。

本といえば、今年も《ノーベル文学賞》がある。

毎年名前が上がる村上春樹の本は読んだことがない。

元来、作家という職業は、読書家を運動不足にさせるものであり、歩きながら本を読む人は限られる。

今日、日本人が受賞する可能性はある。

しかしだ、村上春樹はやや厳しい。

医学賞、化学賞、物理学賞と日本人の受賞がない。

今年は、欧米に受賞者が集中している。

運動不足と言えば、

とある日本人作家は、「キャッチボールだと肩を痛めたのでゴルフに切り替えた」と言っている。


作家は元来、執筆のために体力を鍛えるのだが、推理小説家はスノーボードが好きだとか、そんな情報が入ってくる。

あのコナン・ドイルだって若い頃はサッカーだった。

小説を書くにも、体力が必要だ。体力がなくては、机に向かうこともできぬ。

常識外れの驚天動地を映写するには何かが足りない。

運動をしたことがないから、小説内で運動を叫んでも空虚であろう。

カナダ人か、フランス人が受賞するかもしれない。日本人がスルーされたら、関連株は下落するかもしれない。

ロバート・L・フィッシュ、エラリー・クイーン並みの大物が日本にいるだろうか。